Permaculture and Sustainable living



今年春から始まったパーマカルチャー・デザインのスクーリングが修了しました。


普段の生活から少し離れて、様々な背景を持つ人たちと

ひとつのテーマを掲げ、目指すものを創り上げていった半年間。


空間をデザインする、という作業は

「どう在りたいか」を具体化するための方位磁石なのかもしれない。


形ありきのものでなく、大切にしたい物事を、きちんと大切にしていくための指針。



いのちあるものが巡り巡る、そんな場所を創りだすためには

すぐに出る結果や答えを求めず、一歩一歩すすんでいくということ。


何もしなければ、何も生まれてこない。

でも動き出せば、少しずつでも出来ることを見つけられる。


2021.4 美しい石垣のスパイラルガーデン

人や場所との出会いは宝もの。

あたらしい視点に触れられた時間に感謝して。


ここで得た諸々が、これからの活動で心地よい風となり、循環していくことを願って。


2021.7 変化し続けるさまが魅力的でした