Go outside, more botanical.


この春より一年間、

有機農業塾に通うことになりました。


普段は講師として教える立場にいる私ですが、あたらしい学びの場を持ち、こちらでは多くの受講生とともに教えていただく側にいます。


植物のめぐみや香りを扱う仕事をしていても

都心に暮らしていると、土に触れる機会がとても少ないと感じます。


田舎で生まれ育った私は、祖母が行う畑仕事を眺めているのが好きで、ときどき「お手伝い」もしていました。


自転車にのって、桑の実を友だちと探しまわった放課後。

口いっぱいに頬張った甘酸っぱい味と香りは、あの頃の記憶とともに鮮明に刻まれています。


でもいまは「土いじり」も「木の実さがし」も特別なものになってしまって、そのチャンスはほとんどありません。


いまできる、もう少し、土に近い暮らし。


すぐに郊外に移り住むことは難しくても

意識ひとつ、工夫ひとつで

もっと自然や植物のめぐみと触れ合うことができる。


消費するだけの毎日からシフトして

できること、伝えてゆけることが

きっと、もっとある。



何十年ぶり?に鍬(くわ)を持って

耕した土の中から突然現れたナナホシてんとう虫。


春風にのってやってくる土の香り。


深く呼吸していること、循環の輪のなかにいることを、ひしと感じた瞬間でした。


既存のアロマセラピーの、その先へ。


植物たちとその香りのあたらしい魅力を、少しずつ、みなさまにお伝えしていけたらと思っています。



Copyright © 2019 BOTANICAL MOMENT All right reserved.