蒸留ワーク準備

新ハーブ講座の蒸留ワークを週明けに控えた休日。

永くお付き合いのあるパルシェ香りの館さんを訪問しました。



まず本館へ向かい、マネージャーさんにご挨拶。


私のアトリエにも来てくださったマネージャーさんは、真摯に植物や精油と向き合う、信頼できる方。いつも安心してやりとりしています。



いつ見てもすばらしい、大きなアランビック。光り輝き、威厳があり、迫力満点です。



展示も素晴らしく、芳香植物や樹脂などの実物を間近で見ることができます。



温室を通り抜けて、ハーブ圃場へ。

空調が効いて、外よりも涼しくて快適でした。



いまが見頃のラベンダー。

せっせと蜜を集めるハチさんたちに注意しながら、私も一緒に収穫します。



一面に広がる斜面に、明るい日差しが降り注ぎ、乾いた風が通り抜ける。


ラベンダーには最適な環境ですが、作業をするにはちょっと過酷…!



でも、蒸留ワークに参加される皆さんの笑顔を思い浮かべながらの収穫作業は、とてもやりがいのあるものでした。


終了後のお疲れさまランチは、お食事処「かおり」で。



丁寧に調理された生しらす丼には、カレンデュラの鮮やかなオレンジ色がちりばめられていました。


地域おこしの役割も担っているパルシェさん。


農薬をつかわず栽培されたハーブたちの香りは、精油やハーブウォーターに姿を変えて、まっすぐ誠実に心やカラダに届いてくれる。



エッセンシャルオイルの小さな瓶のなかに、たくさんの風景、たくさんの季節。

たくさんの人の努力やよろこび、想いや願いが詰まっている。


それらを受け取り、魅力をお伝えできるようにこれからもがんばっていきたい


帰宅後、思った以上に火照った肌をラベンダーウォーターで潤しながら、あらためて決意した小さな旅でした。