《レシピ公開します》ウイルス対策用・植物の香りバリアスプレー

3月に入りました。

コロナウイルスの蔓延で世の中が騒がしくなり、心のなかもざわつくこの頃。

普段の生活がままならなくなり、そのことがストレスとなって、

皆さまの免疫力が下がらなければいいなと思うこの頃です。

有効なワクチンや特効薬がみつからない現状で、いま私たちにできることは、可能な限りの予防と規則正しい生活。そして見落とされがちだけど、笑って過ごすこと。

(免疫力をあげるナチュラルキラー細胞は「笑い」で活性化されるのです^^)


そんな中思い起こされるのは、14世紀に世界的に大流行したペストの歴史について。

あちらこちらで発生し混乱する社会の現状は、昔も今もなんら変わりないように思えるのは、私だけでしょうか。


抗生物質などが存在しなかった時代、人々はどうやってその危機に対処したのか…

「私たちは、もっと歴史に学ぶべきだ」と、1月に受けた東京研修の際にも話に上がっていました。


ドラッグストアでは消毒系のアイテムが完売・品切れで入荷未定の状態です。写真は現在私の手元にある、すべての無水エタノールと精製水。(と、子どもの愛読書)

精油は100本近くありますが、その中からウイルス対策に特に有用とされるものを選び、活用する術をお伝えする方法があればいいなと思いました。

SNSでも少し触れましたが、先日どうしても電車で外出しなければいけない予定がありました。


悩んだ末、二重にしたマスクとカラダ全体に、当日の朝制作した抗ウィルススプレーを振りかけて出掛けました。(抗ウィルススプレーのレシピは下記を参照)

不要不急の外出は控えて…というけれど、2週間以上一歩も外に出ないのは現実的にむずかしいと感じます。

仕事や用事のある大人だけでなく、成長期の子どもたちもしかり。

こんなとき、だからこそ。

先の見えない不安や心配がストレッサー(ストレス源)となってしまわないよう、植物の香りの力を味方に、暮らしの中で活用できたなら。

イライラしたり落ち込みがちな気持ちを、少しでも明るく前向きに変えるために。

お気に入りの香りを身につけたり、お部屋に漂わせたりして、おだやかに過ごすことができたらいいですね!

《抗ウイルススプレー レシピ》


【用意するもの】

スプレー容器 50ml用

無水エタノール*(新鮮なもの) 5ml

精製水* 45ml

精油 10滴(敏感な方やお子さま用には〜5滴に調節)

*は、下記のもので代用可能です。

*無水エタノール→ウォッカ

*精製水→軟水のミネラルウォーター

【おすすめの精油(代表的なもの)】

・ティートリー※

・ユーカリ(グロブルス)

・ユーカリ(シトリオドラ)

・ユーカリ(ラディアータ)※

・ペパーミント

・和ハッカ

・ローズマリー(1.8シネオール)

・ローズマリー(カンファー)

・ローズマリー(ベルべノン)※

・レモン※

※上記精油のなかでも成分・香りが比較的おだやかなもの

【作り方】

1. ボトルに無水エタノールを入れる。

2. 精油を加える。

3. 精製水を加える。

4. 蓋をして、ボトルを振り、よく混ぜる。

※直射日光を避け、冷暗所で保存してください。 肌の弱い方は少量から様子をみてご使用ください。目に入らないようご注意ください。屋外用途の場合、光毒性のある精油(ベルガモット、ジンジャーなど)は使用しないようご注意ください。

この記事の内容が、少しでも皆様の暮らしのお役にたてることがあれば、何よりうれしく思います。


Copyright © 2019 BOTANICAL MOMENT All right reserved.