ハーブのある年末年始

明けましておめでとうございます。

年末年始はどのように過ごされたでしょうか。


私は今回は移動を控えたこともあり、一からおせちづくりをしました。


いつも作る栗きんとん・ぶりの照り焼き・田作りに加え、今まで実家に頼っていた黒豆やお煮しめにもチャレンジ。

ブロッコリーは年の瀬の農園で、家族一緒に収穫したもの。


せっかくなので、ベランダガーデンのハーブも登場させました。


ディルやチャービル、ルッコラなどで見慣れたお重が洋風になるから不思議。


濃い味付けの煮豚などにも、フレッシュな香りのアクセントを。


仕上がりがぐっと引き締まって、見映えもよくなり食欲をそそります。



お雑煮にも、和のハーブ・小さな三つ葉をちょこんとあしらって。


七草がゆは、農園の遅植え大根やかぶの間引き菜を。


今年も無事、家族が元気にすごせるようにと願いを込めて。


こんな風に、わが家流にハーブアレンジしたお正月も、なんだか新鮮でおもしろいなと思えた新年でした。